生協について

学生総合共済

学生総合共済とは 加入・申請方法 各種方針
お問合せ
病気・ケガの実態
(お支払い事例から)
  学生総合共済とは?
 学生総合共済は学生どうしのたすけあいを制度化したものです。
 学生総合共済は「みんなが健康に安全に大学生活をおくることができるように。もしも万が一の時は経済的にも精神的にも支援ができるように。そしてなによりも、共済金の支払を受けた人も受けなかった人も、生協の共済を通じて"たすけあいのこころ"を実感して社会に巣立って欲しい。他人の気持ちを思いやれる人間になってほしい」との想いからスタートしました。
 学生は様々なリスクに取り巻かれています。そのため大学生協では、そういったリスクに対応するため、生命共済と火災共済を中心に、保険〔学生賠償責任保険、扶養者死亡保障保険、学業継続保険〕も合わせた総合的な保障制度を提案しています。
 制度および保障内容については大学生協の学生総合共済(外部サイト)でご確認ください。
また、保険については(株)大学生協保険サービス(外部サイト)をご覧ください。
大学生協の学生総合共済(共済連HP)・・・http://kyosai.univcoop.or.jp
(株)大学生協保険サービス・・・http://hoken.univcoop.or.jp
  加入方法
●新入生の方
生協加入申し込みと同時に共済・保険にご加入いただけます。
●在校生の方
生協本部または受付窓口で加入手続きができます。
なお、共済・保険に加入される際には、生協の組合員であることが必要です。
  給付申請方法
●共済金の給付申請をされる場合
以下のお問い合わせ先にご連絡いただければ、必要な書類等についてご案内いたします。
●全国の給付実績や、事故や病気の各種予防提案活動について
大学生協の学生総合共済(外部サイト)をご覧ください。
  各種方針等
定款
勧誘方針
個人情報保護方針
  加入や給付に関するお問合せ先
奈良教育大学生協本部までご連絡ください。 TEL:0742-26-1406
  京都・滋賀・奈良地域の給付実績(2013年4月~2014年3月)
生命共済給付件数 5,500件 368,126,211円
火災共済給付件数 26件 9,510,161円
■生命共済:主な給付(支払い)の内訳
※その他(感染症、後遺障害、本人死亡や扶養者死亡等)もあります。

交通事故は自転車(単独)と自動二輪・原付(車両相互)の事故が多いです。
自転車(単独)事故による支払いは、通院・固定具装着期間が他の交通事故より長くなっています。
自転車通学される方は、自身のケガへの備えと共に賠償責任保険への加入もお忘れなく。

病気は急性虫垂炎、自然気胸での支払いが上位を占めました。急性アルコール中毒による入院で6件もあります。精神疾患では32件の支払いとなりました。
若くて無理がきくゆえに無理しがちです。季節の変わり目や試験や就職活動期間中の体調管理はしっかりと。食生活も大切ですよ。
  大学生協の予防提案活動
学生総合共済は、学生どうしが少しずつ掛金を出し合い、お互いのもしもに備える『相互扶助の精神』を大切にしていることが特長です。お見舞いの気持ちがこもった給付金を送るだけでなく、仲間の病気・ケガの実態をみんなで共有し、病気やケガを未然に防ぐ取り組みも学生自身が行っています。
■自転車無料点検会
■食生活相談会
■給付状況等を知らせるボード